【ネタバレ感想】「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」成し遂げたいことがある人に見てほしい作品

「イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり」を見た個人的感想です。感想にはネタバレも含むのでご注意ください!

目次

作品情報

作品名イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり(The Aeronauts)
公開日2020/1
ジャンルアクションアドベンチャー冒険伝記
製作国イギリス
上映時間101分
監督トム・ハーパー
脚本

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたりのあらすじは?

さぼにゃんのアイコン画像さぼにゃん

気球で最高度を達した2人のお話にゃ!
にゃんと!実話に基づいてるそうにゃ!

フィちゃんのアイコン画像フィちゃん

す、すごいにゃ!

さぼにゃんのアイコン画像さぼにゃん

ハプニングも起こって
ハラハラドキドキしたにゃ〜

「博士と彼女のセオリー」のフェリシティ・ジョーンズとエディ・レッドメインが再共演し、気球で前人未到の高度世界記録に挑んだコンビを演じる、実話ベースのアドベンチャードラマ。1862年、ビクトリア朝時代のロンドン。当時では予測不可能と考えられていた天気の予測が可能であると唱えていた気象学者のジェームズは、荒唐無稽だと揶揄され、実験の資金も集められずにいた。そんな中、気球操縦士のアメリアに頼み込み、ジェームスは彼女の気球飛行に同乗することを許される。最愛の夫を亡くしたアメリアにとって、その気球飛行は悲しみから立ち直るための決意の飛行でもあった。正反対の性格から対立ばかりしていたアメリアとジェームスは、飛行していく中で次第に心を通わせていくが、前人未到の高度7000メートル超えに成功した2人に想像を絶する自然の脅威が待ち受けていた。アメリア役をジョーンズ、ジェームス役をレッドメインがそれぞれ演じる。

映画.com

\\ 予告編はこちら //

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたりのキャストは?

引用:公式サイト
キャラクターキャスト
アメリア・レンフェリシティ・ジョーンズ
ジェームズ・グレーシャーエディ・レッドメイン
アントニアフィービー・フォックス
ジョン・トリューヒメーシュ・パテル
ピエール・レン ヴァンサン・ペレーズ
エセル・グレーシャーアン・リード 
アーサー・グレーシャートム・コートネイ
エアリーティム・マッキナリー
フランシスおばさんレベッカ・フロント

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたりを無料で見る方法は?

フィちゃんのアイコン画像フィちゃん

無料で見るには見放題お試し期間に契約して
期間内に解約する方法があるにゃ♪

サービス名見放題レンタル
U-NEXT××
Hulu××
Amazon Prime
TSUTAYA TV××
FOD××
Netflix××
※現時点の情報です

現時点(※2021/2/13)の情報です。
最新情報に関してはリンク先の「動画配信」ラインナップをご確認ください♪

現在ラインナップにあるのは「Amazon Prime」のみです♪
何と言っても月額料金が安く、映画やアニメ、ドラマも満遍なくカバーするオールラウンダーなサービス!

\ 30日間無料登録する! /

その他、洋画好き筆者オススメは「U-NEXT」です!
映画は名作揃いのラインナップにアニメやドラマも勢揃い♪
毎月付与されるポイントで最新作品も見れちゃうのが激アツ!!(°▽°)

\ 31日間無料登録する! /

ドラマをよく見るって人には「Hulu」もオススメ!
特に海外ドラマに強くてどこよりも配信が早かったりするよ!

\ 14日間無料登録する! /

さぼにゃんのアイコン画像さぼにゃん

もちろん有料レンタルで見ることも可能にゃ!

【ネタバレあり】イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたりを観た感想は?

フィちゃんのアイコン画像フィちゃん

「博士と彼女のセオリー」の2人がW主演ってところがアツいのにゃ...!

※ここより下はネタバレを含む内容があるためご注意ください

史実に基づいたストーリー

筆者の大大大好きな作品...
「博士と彼女のセオリー」で共演したエディ・レッドメイン様とフェリシティ・ジョーンズ様、

奇跡の再共演とのことで、もう見るしかなかった作品です(鼻息荒)

もうホント、エディってこういうインテリ青年役がどハマりしますよね!!
二人がまた同じ画面で動いているだけでも幸せだったんですが、やはりピカイチの演技でした。

内容の方は正直、想像の倍くらい手に汗握るハラハラドキドキ展開でした。

上昇して約15分で嵐、そして恐ろしすぎる氷点下の世界、ラストの着地までずーっとハラハラ。忙しいです(笑)
もうはよ引き返してくれや...!
と何度思ったことか(笑)

自然の猛威や上空の世界のリアルな描写が見ている人を物語に引き込むので高所恐怖症の人は見れないかもしれないですね。


色々あった中でも個人的に印象に残っているのは、
上空の蝶のシーン。

嵐で死にかけた後にあんなに美しい光景見せられたら、あら?もしかしてワタシ死んだ?と思ってしまうレベルでこの世のモノ離れした幻想的な景色でしたよね!
実際のところ、マジであんな光景ってありえるのか?というのが気になってググってみたのですが、
「高山蝶」という上昇気流に乗って山を越える蝶がホントにいるんだそう。

ほ〜ぉ、生命の神秘!



蝶以外でもこの作品...史実に基づくお話とのこと。
この時代に気球で高度1万メートル上空に行った2人が実際にいたんですよね。

物語の「アメリア」はモデルとなった人物はいるものの、架空の人物。
実際の史実ではエディ演じるジェームズ・グレーシャーとヘンリー・トレーシー・コックスウェルという男性の方が気球で高度記録達成という偉業を成し遂げたんだそう。

人類の科学の歴史。
誰かの命がけの探究心が現代社会の礎になっていると考えると超感慨深いですね!

個人的には気球乗船を一度は承諾したアメリアが、急に乗れないと言い出す回想シーンなど
ちょっと中だるみかな...と感じる部分もあったものの、
ジェームズの、誰にも理解されない中で信念を突き通す強さだったりグッとくるものはあった作品でした。

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたりの個人評価

フィちゃんのアイコン画像フィちゃん

個人評価は

3.9
にゃ!

目標のために何かを成し遂げようとしている人に見てほしい作品。

\ 30日間無料登録する! /

\ 31日間無料登録する! /

\ 14日間無料登録する! /

よかったらシェアしてね!

関連記事

コメント

コメントする

目次
閉じる