06_映画レビュー

【ネタバレ感想】「ワンダー君は太陽」ちょっと悩んだ時に見てもらいたい映画

06_映画レビュー

「ワンダー君は太陽」を見た個人的感想です。感想にはネタバレも含むのでご注意ください!

スポンサーリンク

作品情報

作品名ワンダー 君は太陽(Wonder)
公開日2018/6
ジャンルファミリー ドラマ
製作国アメリカ
上映時間113分
監督スティーブン・チョボスキー
脚本スティーヴ・コンラッド
原作R・J・パラシオ

\ DVD購入はこちら /

ワンダー 君は太陽 のあらすじは?

さぼにゃん
さぼにゃん

生まれつき顔に障害を持った男の子オギーのお話かと思ったら・・・

フィちゃん
フィちゃん

違うにゃ!?

さぼにゃん
さぼにゃん

邦題の意味にも着目して観て欲しいにゃ!

全世界で800万部以上を売り上げたR・J・パラシオのベストセラー小説「ワンダー」を、「ウォールフラワー」のスティーブン・チョボウスキー監督・脚本で映画化したヒューマンドラマ。ごく普通の10歳の少年オギーは、生まれつきの障がいにより、人とは違う顔をもっていた。幼い頃からずっと母イザベルと自宅学習をしてきた彼は、小学5年生になって初めて学校へ通うことに。はじめのうちは同級生たちからじろじろ眺められたり避けられたりするオギーだったが、オギーの行動によって同級生たちは少しずつ変わっていく。「ルーム」で世界中から注目を集めた子役ジェイコブ・トレンブレイがオギー役を務め、「エリン・ブロコビッチ」のジュリア・ロバーツが母イザベル役、「ミッドナイト・イン・パリ」のオーウェン・ウィルソンが父ネート役をそれぞれ演じる。

映画.com

\ 日本版予告編はこちら /

映画『ワンダー 君は太陽』本予告60秒 6.15(金)公開

ワンダー 君は太陽のキャストは?

(C)2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.
キャラクターキャスト(主人公から見て)
イザベルジュリア・ロバーツ
オギージェイコブ・トレンブレイ本人
ネートオーウェン・ウィルソン
ヴィアイザベラ・ビドビッチ
トゥシュマン先生マンディ・パティンキン校長先生
ブラウン先生ダビード・ディクス担任の先生
ミランダダニエル・ローズ・ラッセル姉の親友
ジャスティンナジ・ジーター姉の彼氏
ジャックノア・ジュプ親友
サマーミリー・デイビス友達
ジュリアンブライス・ガイザーいじめっこ

ワンダー 君は太陽を無料で見る方法は?

フィちゃん
フィちゃん

無料で見るには見放題お試し期間に契約して
期間内に解約する方法があるにゃ♪

サービス名見放題レンタル
U-NEXT××
Hulu××
Amazon Prime
TSUTAYA TV×
FOD××
※2/11時点での情報です

現時点(※2020/2/11)で見放題ラインナップにあるのはAmazon Primeのみです!

\ 30日間無料で体験する! /

さぼにゃん
さぼにゃん

有料レンタルで見ることも可能にゃ!

【ネタバレあり】ワンダー 君は太陽を観た感想は?

さぼにゃん
さぼにゃん

大号泣にゃ

※ここより下はネタバレを含む内容があるためご注意ください

邦題が最高にイカしている!

原題の「wonder」に対し、邦題には ”君は太陽”というフレーズが入っています。
これ何なんやろって思っていたのですが見終わって納得でした!

生まれつき顔に障害を持つ男の子オギーの成長、これが物語の主な軸です。これだけだとよくある物語ですよね。
ですがこの作品の素晴らしいところが、オギーだけでなく彼を取り囲むその他のキャラクターにもフォーカスして物語が進んでいくところです。


オギーを中心=太陽とすると、その他のキャラクターはその周りを回る惑星・・・
いわば太陽系のような構成になっているのです。

そして主人公であるオギーは宇宙飛行士を目指すくらいの宇宙好き。
至るシーンで宇宙を連想するものが出てきます。

そういうのも掛け合わせた邦題が”君は太陽”なわけです。


近年稀に見るセンスある邦題だと思いました。

それぞれのキャラクターの悩み

個人的に好きだったのが姉のヴィアにフォーカスした話。

ヴィアの悩みは「もっと自分のことも気にかけて欲しい」というところでしょうか。
弟、そして両親のことは大好きです。大切に思っているからこそ、その思いをグッと押し殺してしまうんですねー。

だからこそ、母のイザベルが学校を休んで二人で過ごそうと提案した時のヴィアの笑顔があまりにも嬉しそうでグッと胸にくるものがありました。
よかったね…!と思わずスタンディングオベーションしたくらい。

側から見るととても幸せそうに見えていても
それぞれに、それぞれの心に秘めた悩みがあり、そこへのフォーカスが面白かったです。

勇気のあるクラスメイトたちで救われた

もちろんひどいいじめもありましたが基本的にはクラスのみんながいい子たちばかりでしたね。

特に親友になったジャックやサマー、この子たちが本当に勇気のあるいい子たち。
何しろクラスのリーダー格であるジュリアンに目をつけられているわけですから、下手すると自分が仲間外れにされかねない状況ですからね。

一度はジュリアンに同調して悪口を言ってオギーを傷つけてしまったジャック。
結果としてそれがあったからこそ、「自分が一緒にいたい人と一緒にいる。」決断ができたのではないでしょうか。

今のいじめで苦しむ日本の学校でもこういったちょっとした勇気の輪が広がっていけばいいなと思いますね。

そしていじめっこのジュリアンですねー。
もちろんいかなる理由があってもいじめはダメですが、彼の両親を見ていると、あぁ…恐らくジュリアンも色々な苦悩があるんだろうなぁとちょっと同情してきちゃいました。

といっても写真から消すというかなり手の込んだエグいことしているのも事実。

最後の謝罪はきちんと自分の非を認めて、人を傷つけたという認識があればいいのですが。もしそうであればあの毒親に感化されずそのまま育って欲しいものです。

一番泣いたのはデイジーのシーン

結果、色々ありましたが一番心えぐられたのはデイジーの死ですかね。
元々動物ものに弱いということもあって超泣きました。

思い返すと、ソファでグターとしていたり、
オギーの「デイジーが山のように吐いちゃった」のセリフだったり不調のサインは至る所に出ていましたね。

自分のことでいっぱいいっぱいになっている時になかなか視野を広げることってできなかったりします。
でも、動物は不調だと口に出して伝えることはできませんから。

隣に寄り添ってくれるのが当たり前だと思わないようにしよう

って、何だか映画の感想から逸れて別の悟りを開いてしまったところでおしまいにします。笑

ワンダー 君は太陽の個人評価

フィちゃん
フィちゃん

個人評価は
4.5にゃ!

ただのお涙ちょうだい映画ではなく、オギーとオギーを取り囲む人たちのそれぞれが抱える悩みにフォーカスしているところが今までにないタイプで面白かった♪

ハッピーエンドなので見終わった後も温かい気持ちになれる作品です!
何か悩み事がある人にこそ見てもらいたいな( ^ω^ )

\ 30日間無料登録する! /

タイトルとURLをコピーしました