06_映画レビュー

【ネタバレ感想】「トイストーリー4」むしろその選択しかないよね?

06_映画レビュー

ディズニー不屈の名作、「トイ・ストーリー」の4作目を見た個人的感想です。感想にはネタバレも含むのでご注意ください!

スポンサーリンク

作品情報

作品名トイ・ストーリー4(Toy Story 4)
公開日2019/7
ジャンルファミリー アニメ
製作国アメリカ
上映時間100分
監督ジョッシュ・クーリー
脚本ラシダ・ジョーンズ
ウィル・マコーマック

\ DVD購入はこちら /

トイ・ストーリー4のあらすじは?

さぼにゃん
さぼにゃん

前作ではアンディが大切なおもちゃたちを
苦渋の決断でボニーに手渡すところで
終わったのを覚えているにゃ?

フィちゃん
フィちゃん

もちろんにゃ!
歴史に残る感動のシーンにゃ!!

さぼにゃん
さぼにゃん

物語はその後から始まるにゃ

おもちゃの世界を舞台に描くピクサー・アニメーションの大ヒットシリーズ「トイ・ストーリー」の第4作。ウッディたちの新しい持ち主となった女の子ボニーは、幼稚園の工作で作ったフォーキーを家に持ち帰る。ボニーの今一番のお気に入りであるフォーキーを仲間たちに快く紹介するウッディだったが、フォークやモールでできたフォーキーは自分を「ゴミ」だと認識し、ゴミ箱に捨てられようとボニーのもとを逃げ出してしまう。フォーキーを連れ戻しに行ったウッディは、その帰り道に通りがかったアンティークショップで、かつての仲間であるボー・ピープのランプを発見する。一方、なかなか戻ってこないウッディとフォーキーを心配したバズたちも2人の捜索に乗り出すが……。ボー・ピープが「トイ・ストーリー2」以来19年ぶりに再登場を果たすほか、物語の鍵を握るフォーキー、ふわもふコンビのダッキー&バニー、かわいいアンティークのおもちゃギャビー・ギャビーなど新キャラクターたちも続々と登場。数々のピクサー作品でストーリーボードアーティストを担当し、「インサイド・ヘッド」では脚本にも参加したジョシュ・クーリーが長編初監督を務める。

映画.com

\ 日本版予告編はこちら /

戸田恵子のボー・ピープも!『トイ・ストーリー4』日本版予告編

トイ・ストーリー4のキャラクターは?

引用:ディズニー公式サイト
キャラクター声優(アメリカ版)声優(日本版)
ウッディトム・ハンクス唐沢寿明
ボー・ピープアニー・ポッツ戸田恵子
バズ・ライトイヤーティム・アレン所ジョージ
フォーキートニー・ヘイル竜星涼
ダッキー&バニーキーガン=マイケル・キー
ジョーダン・ピール
チョコレートプラネット
ギャビー・ギャビークリスティーナ・ヘンドリックス新木優子
デューク・カブーンキアヌ・リーブス森川智之
ギグル・マクディンブルズアリー・マキ竹内順子

トイ・ストーリー4を無料で見る方法は?

フィちゃん
フィちゃん

無料で見るには見放題お試し期間に契約して
期間内に解約する方法があるにゃ♪

サービス名見放題レンタル
U-NEXT×
Hulu××
Amazon Prime×
TSUTAYA TV×
FOD××
※1/5時点での情報です

現時点(※2019/1/5)でどのサービスにも見放題がないため無料で見ることはできません><

さぼにゃん
さぼにゃん

有料レンタルで見ることは可能にゃ!

この先見放題に入荷される可能性は大いにあります( ^ω^ )
ディズニー作品が圧倒的に多くてオススメなのが『U-NEXT』です♪

\ ディズニー作品が圧倒的に多い /

【ネタバレあり】トイ・ストーリー4を観た感想は?

さぼにゃん
さぼにゃん

最後泣いたにゃ

※ここより下はネタバレを含む内容があるためご注意ください

ウッディの決断について

ラストのウッディの決断に賛否両論あるみたいですが、個人的にはあの終わり方でよかったのではないかと思います。むしろその選択肢しかないかと。

もしみんなの元に戻る選択をしていたとしたら、ウッディはまたあのモヤモヤとした気持ちを抱えてクローゼットの中で過ごすことになっていたかもしれません。。。
ボーと再会しその自立した姿を見て、おもちゃとしての使命を全うするだけが人生じゃないと気づいたウッディ。

いいじゃないですか!
自分の人生の分岐点、自分自身で進む道を決めたウッディ。少なくとも私は応援したくなりましたけどね。

一番感動したのは、バズの「ボニーは大丈夫」の言葉。
今までずっと共にしてきた相棒の旅立ち。一番引き止めたかったのはバズでしょう
でもそこで出た言葉がウッディの背中を押す言葉で、これが本当の友情なんだなと感じました。

ギャビー・ギャビーが憎めない

今回の悪役キャラ、ギャビー・ギャビー。
骨董店の孫娘のハーモニーのおもちゃになることを夢見ています。
彼女もウッディ同様、音声装置付きの人形ですが、生まれつき壊れているそう。
自分の音声装置もちゃんと起動すればきっとハーモニーのおもちゃになれる、そう信じてウッディの音声装置を狙ってきます。

「お願い。私にチャンスをちょうだい。」

そ、そんな心の内聞かされたら憎めないじゃないか・・・
前作のロッツォと比べるとかなり悪役として弱い…いやむしろ結構いい子なので、全然憎めなくて困りました。笑
そこがトイ・ストーリーの良いところなんですかね。

既存キャラの活躍がほとんどなくてちょっと残念

今回はほとんど既存キャラの活躍がありませんでしたね。
結末が”自立”なので、まぁ仕方ないといえば仕方ないのでしょうけどちょ〜〜っと残念でした。。

個人的にはミスターポテトヘッドが好きなのですが、レックスにぶつけられて体がバラバラになりかけたところで「気をつけろ!!!」と言い放つセリフ。
私が記憶している限りそこしかセリフなかった!?!?笑(見逃しているかもしれませんw)

終盤の、ボニー家族がリュックの忘れ物に気づかず行ってしまおうとしているのを既存キャラたちが引き止めるシーンもちょっとイマイチかなぁ。
かなり無理やりすぎだし雑だったように感じました。

ボー・ピープまじでかっこいい

正直、1や2に出てきていたパラソルの婦人だと全然気付きませんでした、ごめんなさい!!
映像技術の進歩もあると思いますが、質感の違いがすごかった。多分どのキャラの中でもダントツに。もはや人形に見えないし、色気さえも感じましたね!

アラジン実写版のジャスミンといい、ここ最近ディズニー映画は”自立した強い女性”キャラクターが特に多い気がします。
時代の流れをしっかり取り入れて共感しやすい内容になっているところがさすがです。

トイ・ストーリー4の個人評価

フィちゃん
フィちゃん

個人評価は
3.4にゃ!

既存キャラが好きな私としては、全員で困難を乗り越えていく3が至高だったのでそれには完全に負けるかなぁといった感じ。
少し残念な点もあったので評価は平均点程度かな。

でも製作者のウッディへの愛はちゃんと感じる作品ではあったと思います!
賛否両論ありますが、むしろ1〜3まで観てきた人に、ウッディの決断最後まで見届けて欲しいなと思いました。

\ 今すぐレンタル! /

タイトルとURLをコピーしました